浅葉 裕文 Hirofumi Asaba, guitar

1986年7月28日生まれ。埼玉県川越市出身。
バーニー・ケッセル、チャーリー・クリスチャンをリスペクトし、ご機嫌にスウィングする、世界的にも注目を集める今最も勢いのある若手ジャズギタリスト。5才の時にピアノを習い始め、14才のときにギターを始める。Jazzbar SOULTRANEにて下積みをつみ、そこでの縁から日本を代表するジャズギタリスト岡安芳明氏に師事、岡安芳
明プロデュースでWhat’s New RecordsよりアルバムEASY LIKEを全国リリース。
全国のジャズフェスティバル、NHK横浜、JAPAN JAZZ GUITAR SUMMITに出演。日本国内のメディアだけでなく、アメリカのJust Jazz Guitar Magazine、FOX-TVで特集され、オーストラリアのジャズ紙JGSWAの表紙を飾る。横濱ジャズプロムナード2017コンペティションでグランプリ受賞。2017年1月に台湾で公演を行い大成功収め、
2018年9月にはアメリカのデトロイトジャズフェスティバル参加。
http://hiroasaba.com/

菅野 淳史 Atsushi Kanno, trumpet

20歳で初めてトランペットを手にし、「トラッドジャズ界若手No.1トランペッター」と呼ばれるに到った努力の人。竹田恒夫氏に師事。「古川奈都子ソウルフードカフェ」「カンザスシティバンド」「ONE TIME BRASS BAND」「DIXIE ICHIZA」を始め多数のニューオリンズ / ディキシー / スイング系バンドに参加。また「にっぽん丸(商船三井)」「東宝ダンスホール」国内外リンディホップ・シーンなど、ダンスバンドでも演奏を重ねる。自由自在なアドリブに定評があり、多彩な表現力と技術を持つ。また歌手などのサイドマンとしても抜群のセンスを発揮する希有なトランペッターである。
2012年 1stリーダーアルバム「My Favorite Horn」、2017年 2ndアルバム「ATSUSHI KANNO TRIO」をリリース。また「山木幸三郎ジャズオーケストラ」などのアンサンブル活動、さらにオールド・ジャズのプレイスタイルを活かして様々なアーティストのサポートも行っている。
https://tp-atsu.amebaownd.com/

平林 義晴 Yoshiharu Hirabayashi, drums

京都出身。尚美高等音楽学院ジャズ科ドラム課程卒。長年の日本での演奏活動の後、請われて韓国の大邱(テグ)芸術大学実用音楽科教授に就任。2014年秋に日本に帰国、東京での活動を再開。2000年のFrankie Manning 86 で演奏。米国カンサスシティー名誉市民。有馬靖彦とデキシージャイヴでプロデヴューし、これまで、ブルースハープの石川二三夫、下田卓KCバンド(初代)、古川奈都子SFC、バンバンバザール、ザ・トラヴェラーズに在籍。今は自身のクァルテットを率いる。古川奈都子ソウルフードカフェでは、Duke Ellingtonのキャラバンのスーパードラムソロが特に名演。古川は彼を評して「Swing時代に生まれていればGene Krupaに負けてない!」。日本のSwing Jazzドラマー界の宝。