王道のペールエールです。びしっとした苦味が来て、分厚い味わいのビール。ホップの苦味がしっかりとある、大人なお酒です。

飲んでみて思ったのは「クラフトビールが好きなひとは好きな味だろうなぁ」ということ。まずはビールね、とお酒が飲みたいけれど、正直ハードリカーを1杯目から飲むのはヤダなー。軽めに始めたい。ビールかな?という人にはおススメできませんね。「え? 何このビール、ニガ!」ってなります、確実に。

でも、クラフトビールに親しんでいる人なら、「おお、久しぶりに、この硬派なタイプ、好き」っていう人が多いと思います。亜流ではない、本流のビール。

原点回帰ですね。クラフトビールを知り、いろいろな味を楽しんで、ここに帰ってくる。鮭です。生まれた川に帰ってくる鮭。

高校時代。学校の目の前に中華料理店があるんです。毎日ではなけれど、1か月に1回は食べにいっていた中華料理店。固焼きそばに死ぬほどお酢をかけてトロトロになった麺にたっぷりと和からしをつけて食べるあの味。酢の酸味が来て、ずどんとからしが鼻孔を突き刺す。涙目。たまらない。

卒業して15年。近くを車で通ったとき。その中華料理店に立ち寄って、固焼きそばを注文。しっかりと酢をかけて、たっぷりとからしを乗せて一口。涙が止まらない。辛いからなのか、懐かしいからなのか。やっぱりここでしか味わえない固焼きそば。おいしいなぁ。

そんなことを思い出しました。少し老けたマスターは「お!佐藤君だろう、懐かしいなぁ、元気か?」と話しかけてくれたのですが、あまりの勢いと、「違います、ボク、佐藤ではありません」というのがかわいそうだったので、佐藤くんとして話を繋げました。適当に話をつないで、「また来てよ!」「はい、また来ますね」と話したことも、いい思い出です。